旧正月に、和歌浦で鯛を釣るの巻(フカセ釣り)

国語辞典、大辞林によれば
ふかせ づり 【ふかせ釣(り)】とは、
錘(おもり)をつけずに、または小さな錘を用いて、餌(えさ)の昆虫などが自然の状態で水面や水中にあるように見せて釣る方法。ふかし釣り。とあります。

釣りにも色々な釣り方がありますが、水温が下がってきたこの時期に有利な釣法で、グレ(メジナ)、チヌ(クロダイ)などの釣りのシーズンでもあります。

水温が高いと、小魚が多く、あっという間に餌を取られて釣りにならなかったりすることも多いです。

磯や堤防でのフカセ釣りは、浮きと針をつなぐ糸(ハリス)に、極く小さな錘を付けるだけのシンプルな仕掛けです。

この釣りでは、撒き餌が重要です。特に水温が低下しているこの時期は魚の活性が低いので、まずは撒き餌で魚を集めないと釣りになりません。

撒き餌と針に付ける餌には主にオキアミを使います。オキアミだけだと近くまでしか飛ばないので、集魚剤の粉末に海水を混ぜたものを入れて、まとまってポイントに杓を使って投げ入れます。

寄ってきた魚がどの辺にいるかイメージして、そこに付けエサがあるようにしないと釣れません。

ポイントの遠近、水深と上層、中層、下層、潮の干満、潮流の流れの強さ、潮の満ち引き、太陽の光の量や潮の濁りを読んで釣るので面白い釣法です。

釣る前に撒き餌をまいて海中の様子を探ります。潮の流れの方向や、撒き餌につられて浮いてくる魚を観察します。

魚が浮いていると判断すれば、上層狙いで浮きから針までを短くして釣ります。底付近にいるとされるクロダイでも上層の方で釣れることがあります。

釣り始めたら餌が取られるか取られないか、どんな魚が寄っているかを判断します。

大体は、釣り始めてすぐ餌が無くなるパターンです。フグが浮きに反応がないまま、餌だけを取っていきます。撒き餌が効いて大きな魚が寄ってくると、フグや小魚を散らすので、餌が残るようになります。そうなるとチャンスタイムです。

(実釣1/25(土)、和歌浦堤防)

土日が休みなので、土曜日か日曜日に行くようにしています。この時期、朝は寒いのでいつもほぼ昼を過ぎて、午後にゆっくり行くことが多いです。

[前の週はマリーナシティー大波止で撒き餌をまくと、すぐに体長50cm以上の大きなシマフグが寄ってきて上層で乱舞する状態。他に何か釣れるかとやってみましたが釣れたのはこれだけでした。ハリス0.8号で切られたので、ハリス3号で釣りましたがすごい引きでした。(すぐにリリース)]

シマフグ

当日は、午後和歌浦に着いたら爆風。風裏にあたるテトラ側に数人。慣れているので、養殖イカダがある側で釣り開始。すぐに手のひらのサイズのグレ、しばらくして大きなボラが釣れました。

そのあと強い引きがあり、やり取りの後上がってきたのは赤い鯛でした。30cm弱のサイズでしたが、体高があり、同等のサイズのグレ(メジナ)と同じぐらいの引きはあったと思います。(2020旧正月(春節)にこれはめでタイ)

以前に、和歌浦の新波止の方で紀州釣りで40cmぐらいのが上がったのを見たことがありますが、堤防でこのサイズを釣ったのは初めてです。

春節といえば、巷ではコロナウィルスとかで騒がれていますが、早く収束してほしいものです。

万葉集

テレビで万葉集についての番組を見ました。

『万葉集』の編纂に拘わったとされる大伴 家持(おおとも の やかもち)が紹介されていました。

聖武天皇から桓武天皇までの天皇に仕え、その間、律令制下の高級官吏として各地を転々とし、死没地は陸奥国の多賀城とのことでした。

以前紹介した「令和」の典拠は、当時珍しかった中国からの梅の花の宴(うたげ)の「序」であり、その時の正月の歌会が行われた日が、穏やかな日であったとのことでした。(この時の宴の主催者は大伴旅人)

それで万葉集をよく読んでいた父が、自分の歌集の題名を「冬日和」としたことについて、歌集の後書きに記している内容を思い出しました。

>昭和四十五年の私の作に「幾許(いくばく)かのわが歌は生
>(あ)れむ冬日和む街に真白き日記帳買う」
>があり、また「冬日和む昼の日差しのゆたけくて古墳の坂を
>上(のぼ)りつめゆく」の二首がある。
>それで何時とはなしに「冬日」としたいと思っていた。
>最近新聞の切り抜きを捲っていると思いがけず平成五年の読
>売新聞日曜版の「名画再読」の中に「冬日(とうじつ)」野
>口謙蔵(1901年~44年)の作品を見出した。この時、不覚にも
>私は「とうじつ」と音読みにすることを知らなかったので
>ある。「ふゆび」と「とうじつ」では解釈に幅があるため、
>思いあぐねた末、改めて古語辞典の「冬日和(ふゆびよ
>り)」に據ることとした。辞典には冬のうららかに晴れた日、
>冬晴れ、冬うららとある。
>私は冬の日のぬくもりが好きだからである。

今日は大晦日。昼間、和歌浦の堤防で、釣り納めとして20cmくらいのアジを30尾くらい釣ってきた。風が強かったが良い釣りができたと思います。

来年は「令和」の名の通り、穏やかで和(なご)やかな一年となってほしいものです。

新しい世界へ

日韓関係が冷え込んでいます。

やはり、国は自国の利益を追求するので、平和世界の実現には、国を越えた関係が必要というのは自明の理ですね。

国際結婚で生まれた子供達は、二国の国民となることができます。

我が家の長男も、日韓家庭の子供さんと結婚することになりました。

我が家も少し国際的に・・・。(言葉も少し勉強しないとなぁ・・・)

新しい世界はもう目前・・・・・。

とにかく暑い・・・・

今の仕事は、物を運んだりする事が多いので、以前より体重が減ってスリムになりました。

クーラーの効いた所での仕事もあるんですが、そればかりでなく、倉庫内だったり、外での作業もあるので、暑さが堪えることもありますね・・・。

この時期熱中症での死者も出てますし、水分補給には気を付けないといけないですね。

釣りもこの時期は朝夕と夜に絞られますが、休日の朝早くはなかなか起きられないので夕方近くからぼちぼち行く感じですね・・・。

今日は、朝から父の短歌集
http://www.fuyubiyori.com/newpost

を更新して、家族と夜に外に食事でもしようかという計画です・・。

iPhoneが壊れた・・・・

二年半前から使っているドコモのiPhone7ですが、突然充電できなくなりました。電池かと思い、即日修理出来る修理屋さんに持っていって電池を変えてもらいましたが、症状は変わりませんでした。修理の人によると、これを直すには基板交換が必要で、更に二万四千円以上の金額がかかるとのこと・・・。

二年経ってからマイネオのSIMカードを入れて使い始めて約半年、もう少しもってくれると思ったが甘かったようです。

ネットで探すと、ワイモバイルでiphon7で端末代が安く購入出来るのを発見・・・。ソフトバンクの店舗で扱っているとのことで、すぐに来店予約して、翌日に行ってきました。

話を聞くと、ソフトバンクでもiphone8で端末代8万円引きというのがあるそうで(いろいろな条件付き)トータルで考えたら値段も変わらないし、新機種の方がいいかと思い、ソフトバンクで契約・・・。二年後にワイモバイルに変えたらお得とのことでした。

マイネオはMNP予約番号がわかるのが、手続して次の日メールで来るとかどこかに書いてあったので、新規契約でもいいかと思っていましたが、店の人が調べてくれて、MNP予約番号が即日交付されるのがわかったので、MNPで契約できました。でも一年以内だと違約金がかかるのですが、ソフトバンクもMNPの場合の方が割引できるとのことでした。

その日にiphone8を受け取り、パソコンのバックアップから復元・・・。

無事復旧しました・・・・。メデタシメデタシ・・(^-^)v

ライングループの退会

ラインって便利で、最近よく使われているんですけど、勝手に退会させられていたっていうことがありませんか?

スマホに慣れない人が、間違って他人を削除してしまうケースが多いみたいですね・・・・・。

グループの管理者権限みたいなのは無いので仕方がないんでしょう・・。

健康管理

やっぱり六十を過ぎると、あちこち体の方が弱くなってくると思う。仕事は重いものを持ったりしているので、結構体は使っていると思うのだが、歩いたり、走ったりしないと使う筋肉が違うので、健康を維持できないと思う。

それで、近所をなるべく歩いたり、走ったりする時間を持っている。

今日は近所の山に登ったり、昨日は釣りに行ったりして、何とか健康を保ちたいと思っている。

(写真は紀ノ川・・・・ルアーをしばらく投げたが、バカでかいフグが釣れただけ)

令和の時代

いよいよ平成から令和に元号が変わろうとしている。

「令和」は万葉集からの出典とのことなので、調べてみた。

>「令和」の典拠は、『万葉集』の巻五、梅花(うめのはな)の歌三十二首の序文(「梅花の歌三十二首并せて序」)である。(Wiki)

> 天平二年正月十三日に、帥老の宅に萃(あつま)りて、宴會を申(の)ぶ。時に、初春の令月にして、氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、 蘭は珮後(はいご)の香を薫す。

「令月」とは、「何事をするのにもよい月。めでたい月。よい月。 (大辞林)」とある。「和」は聖徳太子の「和を以て貴しとなす」、あるいは日本そのものを示す「大和」等の用例がある。

私の父は生前、万葉集をよく読んでいた。父もこの時代まで生きていて欲しかったが、もう四月で三回忌となった。それで、一週間前に、実家に法要があり帰ってきた。桜が満開で暖かな日和だった。

平成もあと十日足らず、この時代をしっかりと感じて、今を頑張っていきたいと思う。